sage body


bD7WWiTXxwdjOvd1549847614_1549847916


ゼータガンダム3号機レッドゼータ

プレミアムバンダイから発売されていた、レッドゼータです。

グレーゼータとレッドデータがあり

圧倒的にレッドゼータがかっこよかったので、

買ってしまいました。




プレバンの予約販売ではなかなか手に入らず、

某ネット通販やオークションサイトで9000円~10000円はするものを、


アマゾンのマーケットプレイスで税別6580円(※2015年6月24日時点)で手に入れました。


MGのver2.0のランナーを再利用していて、あまり部品がかなりありました。

この貴重な貴重なゼータガンダムを作るときに、

実は塗装で大失敗しました。

プラモデルをやる人なら、

基本的なことかもしれませんが、

何を思ったかアクリル系塗料の上から、

ラッカー系の塗料を吹いてしまいボディーが見るも無残な姿に…。

気泡が大量に発生して、メモ当てられない状態になってしまいました(泣)。

シンナーで薄めても、ラチがあかず途方に暮れていたところ、

インターネットで検索してガソリンの「水抜き剤」が塗料をきれいに剥がすのにちょうど良いとの情報をえました。

そしてサイトに書いてある通りに実行。

見事に水抜き剤できれいに塗料が剥がれました。パカッという感じに。

そして気持ちを取り直してら、その上からサザビーレッド塗装。

何とか綺麗に仕上げることができました。

IMG_E5123

IMG_E5125

IMG_E5126

IMG_E5127

IMG_E5128

IMG_E5129 (2)


IMG_E5130

IMG_E5131

IMG_E5132

IMG_E5134

IMG_E5135

IMG_E5136

IMG_E5137

IMG_E5138

IMG_E5139

IMG_E5140

IMG_E5141

IMG_E5142

IMG_E5144 (1)

IMG_E5145




このプラモの制作で教わったこと。

①アクリル系塗料の上から、ラッカー系塗料を吹いてはいけない。

※アクリル系塗料が完全乾燥した状態で、ラッカー系塗料を薄ーく吹くなら、気泡が最小限に抑えることができて何とか可とのこと。

②塗装を最初からやり直したいときは、カー用品店や、ホームセンターに売っている
「ガソリンの水抜き剤」を買ってきて、
約1日塗装に失敗したパーツを漬け込む。



それによって、きれいに塗装が剥がれて、最初から塗装に再チャレンジできる。




レッドデータ、仕上がりはかっこいいけど

心と体を消耗した、学びの多い一作でした。