プラモのひだまり

ガンプラで元気になる! 初心者でも簡単にカスタマイズして、かっこいいプラモデルを作る。 プラモデルで心と体を健康に!

初心者でも簡単にカスタマイズして、かっこいいプラモデルを作る。 プラモデルで心と体を健康に!

y

_ogIKnR8xLaTGD41547860333_1547860586



5年以上前に作った、マスターグレードのサビーをスミ入れとウェザリングして、リメイクしました。


当初は、作るだけで精一杯(・・;)

特にデカールを貼る作業なんかは、ある意味苦行です。

ただその苦痛が大きいからこそ、できたときの達成感が半端ないのです。

これがガンプラの魅力でもあります。


迷いの多い人生の節目にこそ、このような苦行にチャレンジするのもアリです。



スミ入れはタミヤの墨入れ用塗料と、X-20溶剤を使って1時間で完了。

そこから、タミヤのウェザリングマスターを使用して、約1時間かけて汚しまくり!

これがストレス解消になる!



ウェザリングマスターは、誰でも簡単にリアルに汚し仕上げができるのは良いのですが、

あまり時間をかけて行うと、徐々に手の油とかで汚れが薄まってしまう難点があります。

だから、私の場合先につや消しトップコートを吹いておいて、乾燥後にウェザリングマスターを使用します。

そうすることによって、ウェザリングマスターのノリがかなり良くなるのです!


そして後は、手で触れてもほとんど薄れてしまう事はありません。



ちなみに、マスターグレードではやはり、パーツが多く組み立てるのも大変ですが、

見た目だけで言えばこのキットを小型化したのがリアルグレードモデルだと思います。

見た目のリアリティーも、ファンネルのギミックなども、リアルグレードは劣っていません。

肩アーマーや、ふくらはぎなどのギミックはさすがにリアルグレードでは不可能ですが、作りごたえとして満足と言えるでしょう。

作りごたえ抜群のサザビーを作りたい方は、時間があるときはマスターグレード、そんなにない時はリアルグレードで充分だと思います。



IMG_E5418



IMG_5378

IMG_5379


IMG_5380


IMG_5381


IMG_5382


IMG_5383


IMG_5385


IMG_5397


IMG_5396


IMG_5395


IMG_5394
IMG_5393


IMG_5391
IMG_5390


IMG_E5389


IMG_5388


IMG_5387

IMG_5386


IMG_5398
IMG_5399


IMG_E5400

IMG_5401


IMG_5402


IMG_5403





IMG_5404





IMG_5406





IMG_5417


IMG_5416


IMG_5415


IMG_5414


IMG_5413


IMG_5411


IMG_5410


IMG_5409


IMG_5408


IMG_5407


IMG_E5376

カトキハジメ仕様のプラモデルは大好きですが、

このサザビーとニューガンダム以降、私的にカッコいいと思える代物があまりありません。

ダブルゼータは買うつもりでJoshinに行きましたが、現物を見て買うのやめました。


ニューガンダムや、サザビーのようにギミックが豊富で、スミ入れが楽しくなるほどの繊細なディテールでプロポーションが良いやつ出ないかなあ、、。


今回はRGユニコーンガンダムのユニコーンモードです。

Ukhv8iQyvEnSPYg1546418461_1546418642




ただの白だとつまらないので、アクセントをつけるために、微妙なグレーカラーをショルダーアーマーや、フロントアーマーに混ぜておきました。

なんとなく、繊細に見えるというか、陰影のようなものが表現できて、

かっこいいんですよね。


IMG_5245



IMG_5254


IMG_5255


簡単にスミ入れだけしておいて、仕上げは光沢のトップコートを吹いておきました。

なぜ光沢のトップコートかと言うと、RGのシナンジュが、最初からテカテカでしたから。

合わせて、ライバルのモビルスーツもテカテカにしておこうと考えたのです。

うん、特に深い意味はありません。

RGは、ユニコーンモードとデストロイモード両方のモードにできます。

個人的にはユニコーンモードの方が好きなんです。

劇場で、初めてユニコーンガンダムが登場したのもユニコーンモードでしたし、

あのバナージ ・リンクスが初めて搭乗してマリーダさんのクシャトリヤを圧倒したシーンもユニコーンモードでした。

まぁ、

これは表向きの理由です。

本当は、デストロイモードにしようとして、壊れるのが怖くてたまらないのです。

可変型モビルスーツのプラモデルで、可変させるのが超苦手です。

実際に、RGゼータもMGゼータ(2.0)、ダブルゼータもきれいに可変できたためしがありません(汗)。

バキってなるし、イライラっとするし。

きれいに仕上げたガンプラを、可変で台無しにするのはもう御免なので。


IMG_E5249


IMG_5246


IMG_5247



IMG_5257



IMG_5256



IMG_5253



IMG_5252



IMG_5251



IMG_5250



IMG_5249 (2)



IMG_5248



IMG_5258



IMG_5259



IMG_5261



IMG_5262



IMG_5263



IMG_5264

IMG_5260

最後はRGシナンジュと。


このプラモデルはずっとユニコーン モードのままでいます。

デストロイモードのユニコーンが欲しければ、同じのもう一体買うか、HGのやつで充分だしね。





vbT2LdZq8Kb8ZA31546153942_1546154123


MGダブルゼータ作成。

個人的にver.kaではなく、旧型のマスターグレードモデルのダブルゼータが好きなので(作りやすいし)、徹底的にカスタマイズして作成しました。

肩、胸部、腹部とフロントアーマーに筋彫りを入れてディテールアップ。
またグラデーションをつけるために、グレー(下地用の塗料)を使って色分け。

足を長く見せるために、廃材を使って足部にパーツを増やし、バックパックの上部に付いている、ビームサーベルのグリップは、HGシナンジュの、バックパックより拝借。

その他、HGモデル、RGモデルの廃材使って改修ました。


ダブルゼータは、マッチョだけどずんぐりむっくりだから、ゼータガンダムほどあまり人気は無いように思います。

そこを補うために、筋彫りもなるべくスリムに見えるように、縦のラインを意識して、色分けも、腹筋のようにしまった体に見えるように、細マッチョの見た目重視のダブルゼータをイメージ。


当時のガンダムの宇宙世紀シリーズの中で、もっとも子供向けというか、あか抜けた作品ですね(後半はかなりの主要キャラクターが死んでいきますが…)。


ゼータガンダムで最終回にカミーユが精神崩壊で終わって、全くキャラが正反対のジュドーが新型ガンダムを操縦するストーリーですが、DVDを借りてきて改めて見るとギャグのシーンが多いような印象です。

登場するモビルスーツも、とにかく分離して変形すると言う、機能面を重視したコンセプトで見た目のクールさはそれほど意識していないのか、ガンプラの中では、改良版が少ないという意味では、人気は薄いのではないでしょうか。

しかし私は子供時代に、このモビルスーツを兄が持っており、自分では絶対に作れなかったのでなんとなく憧れの気持ちもあり、作ることができない悔しい気持ちもありました。

プロポーションが、いまいちなモビルスーツであれば、なんとか塗装とリテールアップでカバーしてやろうという思惑の詰まった改修作業です。




IMG_E5214


IMG_E5217


IMG_E5220


IMG_E5218


IMG_5221 (2)


IMG_5222



IMG_5224


IMG_5226

IMG_E5229


IMG_E5230


IMG_5244


IMG_E5243


IMG_5242


IMG_5240


IMG_5239


IMG_5238


IMG_5236


IMG_5235


IMG_5234


IMG_E5232


IMG_E5231





sage body


bD7WWiTXxwdjOvd1549847614_1549847916


ゼータガンダム3号機レッドゼータ

プレミアムバンダイから発売されていた、レッドゼータです。

グレーゼータとレッドデータがあり

圧倒的にレッドゼータがかっこよかったので、

買ってしまいました。




プレバンの予約販売ではなかなか手に入らず、

某ネット通販やオークションサイトで9000円~10000円はするものを、


アマゾンのマーケットプレイスで税別6580円(※2015年6月24日時点)で手に入れました。


MGのver2.0のランナーを再利用していて、あまり部品がかなりありました。

この貴重な貴重なゼータガンダムを作るときに、

実は塗装で大失敗しました。

プラモデルをやる人なら、

基本的なことかもしれませんが、

何を思ったかアクリル系塗料の上から、

ラッカー系の塗料を吹いてしまいボディーが見るも無残な姿に…。

気泡が大量に発生して、メモ当てられない状態になってしまいました(泣)。

シンナーで薄めても、ラチがあかず途方に暮れていたところ、

インターネットで検索してガソリンの「水抜き剤」が塗料をきれいに剥がすのにちょうど良いとの情報をえました。

そしてサイトに書いてある通りに実行。

見事に水抜き剤できれいに塗料が剥がれました。パカッという感じに。

そして気持ちを取り直してら、その上からサザビーレッド塗装。

何とか綺麗に仕上げることができました。

IMG_E5123

IMG_E5125

IMG_E5126

IMG_E5127

IMG_E5128

IMG_E5129 (2)


IMG_E5130

IMG_E5131

IMG_E5132

IMG_E5134

IMG_E5135

IMG_E5136

IMG_E5137

IMG_E5138

IMG_E5139

IMG_E5140

IMG_E5141

IMG_E5142

IMG_E5144 (1)

IMG_E5145




このプラモの制作で教わったこと。

①アクリル系塗料の上から、ラッカー系塗料を吹いてはいけない。

※アクリル系塗料が完全乾燥した状態で、ラッカー系塗料を薄ーく吹くなら、気泡が最小限に抑えることができて何とか可とのこと。

②塗装を最初からやり直したいときは、カー用品店や、ホームセンターに売っている
「ガソリンの水抜き剤」を買ってきて、
約1日塗装に失敗したパーツを漬け込む。



それによって、きれいに塗装が剥がれて、最初から塗装に再チャレンジできる。




レッドデータ、仕上がりはかっこいいけど

心と体を消耗した、学びの多い一作でした。



v5Rl2CvP6JnIwbE1549849222_1549849338


家電量販店で買っても7000円近くするので、

しばらく買うのにはためらっていましたが、

仕事でストレスがMAX溜まった時に、

サザビーとセットで買ってしまいました。



これぞ衝動買いですね。



最初は、綺麗にに仕上げて飾っていたのですが、見飽きてしまったので、

ウェザリング仕上げにしました。

IMG_E5082

IMG_E5080


IMG_E5060


IMG_E5061


IMG_E5062


IMG_E5063


IMG_E5064


IMG_E5075


IMG_E5076



IMG_E5077



IMG_E5078


IMG_E5079


IMG_E5080


IMG_E5081




やはりカトキハジメのデザインは、角張ったところやディテールアップしているところが多く、

スミ入れ塗装やウェザリングにかなり向いていると個人的には思います。



ウェザリングは、


タミヤのウェザリングマスターを使用し、スミ入れはガンダムマーカーの流し込みすみれペンを採用。

このガンダムマーカーの流し込みすみれペンは、はみ出したときにシンナーにしか溶けず、


修正出来ないので、

塗装しているプラモデルには使えないところが難点です。

ペンの横に小さな文字で書いていますが、素組み専用と書いています。

皆さんも購入する時は充分注意してくださいね。

それにしても、νガンダムは時代を超えても魅力的ですね。

まさに、ニューガンダムは伊達じゃない!


このページのトップヘ